バイクは個性を表現!自分らしいバイクにする!

バイクを自分らしくカスタマイズする

バイクは自分で多くの部分をカスタマイズできます。マフラーでもいいし、ボディペイントでもいいのです。乗っている自分を表現するという意味では、ライダースーツをバイクに合うように仕様を変えることもその一つです。法令違反にならなければ、どのパーツを変えたとしても問題ありません。色や形にこだわりましょう。それだけでも自分だけのバイクを作ることができるのです。

バイクの個性を生かすカスタマイズ

バイクにはそれぞれ個性があります。格好良さの方向性をその個性に合わせて変えてやると、ぴったりとはまります。無理やりパーツを変えることはないのです。色を変えてやるだけで好みのバイクになることもあります。理想のバイクを先に描いておいて、それに近づけるように少しづつ変えていくと楽しいです。急ぐ必要はないのですから、少しづつゆっくりと変えるとどんどん愛着が沸いてきます。たとえ最終形に到達したとしてもまた変えたくなるものなのですから、楽しみはいつまでも尽きません。

自分もバイクの一部と考える

バイクに乗っている自分を含めてカスタマイズすると完成した時にしっくりきます。ライダージャケット、パンツ、ヘルメットなどもこだわれるポイントなのです。バイクに合うものを用意すると乗ったときの一体感が高まります。バイクに合わない服装だと、この一体感は決して得られません。色、形、テイストを合わせて用意するといいでしょう。ただし安全面の配慮を忘れないようにすると、より一層バイクライフを楽しめます。

バイクのカスタムの方法を正しく理解するうえで、バイクショップなどの専門のスタッフと話し合いをすることがおすすめです。