車検は店舗形態によって重視する項目が違う!?主な3つの営業形態から徹底比較

まずはディーラーと呼ばれる営業形態の店舗の特徴

「ディーラー」と呼ばれる店舗は、自動車メーカーと契約を行っている販売店などのことを指します。したがって、”信用第一”に対応や整備を行う傾向にありますので、完璧に近い整備を望むのであれば最も適した場所だと言えるでしょう。国家資格を持った一流の整備士が在籍している可能性が最も高く、交換する部品も基本的に新品を使うケースが多いようです。しかし、他の店舗と比べると割引などの融通が利きにくいこともあり、費用は高めになる可能性が高くなってしまいます。

一方、チェーン店の特徴とは?

「チェーン店」はディーラーと比較すると費用の融通も利きやすく安値で車検を受けることができる可能性は高いですが、その分”質”はディーラーと比べると劣る可能性も上がります。チェーン店はアルバイトの従業員が多いということもあり、整備を担当するのがアルバイトであることも珍しくはありません。一概に国家資格を持った整備士の方が優秀だと判断するわけにはいきませんが、そういった事情もありディーラーと比較すると価格重視だと言わざるを得ない面があります。

個人経営の整備工場の特徴は?

個人経営の整備工場が最も融通が利きやすい営業形態の店舗でしょう。特に、知人が経営しているのであれば価格面の融通は抜群に利きやすいと言えます。しかし営業形態は経営者によって多種多様で、飛び込みで車検を依頼する場合は最も注意が必要だということも覚えておく必要がありますね。整備の質も店舗によって大きく異なってくるでしょうから、失敗しないためには口コミなどを参考にすることも銃だと言えます。

広島の車検の手続きを進めるために、人気の高いプランのサービスが優れている仲介業者に対応をお願いすることが大事です。