必見!?こんなに安く出来る車検の受験方法!

ユーザー車検を利用する

車検と聞けばやはり高額な車検費用を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。実際に普通車の車検であれば十万円を越えることもざらにあります。これはあまり知られていませんが、実はそんな高額になりがちな車検費用を大幅に安く出来る方法があるのです。それがユーザー車検制度です。ユーザー車検制度とは、全国の自動車検査を実施している陸運局が実施している制度で、要するに自分で車検が受けられる制度なのです。自動車業者ではなくても、個人でも車検が受けられる訳です。この制度を利用すれば、受験の手数料と自動車重量税と自賠責保険料があれば受験できます。

車検代行業者を利用する

ユーザー車検は自分で車検を受験する制度ですが、ユーザー車検は平日に最寄の陸運局に出向く必要があります。平日にどうしても陸運局に出向く事が出来ない場合は、ユーザー車検を代行してくれる代行業者があります。この業者を利用すれば、ユーザー車検に必要な費用とプラス代行手数料だけで車検が受験出来ますので安上がりです。ただし、保安基準に適合していないと車検には合格できませんので注意が必要です。もちろん整備や点検は自分自身で行う事が前提なので、自動車に違和感や部品交換のサインが出ていても自分で交換しなければなりません。これが出来ない場合は、車検は自分で安く受験して、合格後に法定点検等は最寄の整備工場に依頼するといいかもしれません。全くノーメンテナンスでは、さすがに自動車も故障リスクが格段に上がってしまいます。

車検は大抵ディーラーや整備業者に任せることが多いですがガソリンスタンドでも受け付けている場合があります。エネオスで車検を受けることも可能です。