初心者ならここから!トランペットの練習方法

吹き方の練習をしてみよう!

初心者ならまず、マウスピースだけで音を出す練習をしましょう。マウスピースのみの練習であれば家など場所を気にせず練習できますし、この練習は口の周りの筋肉を鍛え安定した音を出す近道になるので、積極的に練習しましょう。練習時には口の形を安定させることを意識しましょう。この口の形には明確な正しい形というものはなく、個人差があります。マウスピースを優しく当て、安定した音が出せればその形が自分に合った口の形と言えます。慣れてきたら、ロングトーンも練習してみましょう。一定の音を吹き続けることでぶれない音が出せるようになります。

トランペットの持ち方について

演奏練習よりも先に楽器を正しく持つことができなければよい演奏もできません。中には個性的な持ち方をする人もいますが、一般的には右手の人差し指は1番ピストン、右手の中指は2番ピストン、右手の薬指は3番ピストンを押せるように持ちます。ピストンをスムーズに押すためには左手でしっかり支え、右手は親指を添える程度にしておくとよいです。強く握りすぎることなく自然な手の形で持つようにしましょう。

基礎練習をしてみよう!

マウスピースを楽器につけて基礎練習をしてみましょう。まずは出にくい音を出そうとせず、自分の出せる音を出すようにしましょう。出しやすい音を練習していくと、よい吹き方が身についてきます。軽く音を出した後は吹ける範囲で音階の練習やロングトーン、タンギング、リップスラーを練習しましょう。これらを反復することでよい音が出せるようになります。基礎練習にも慣れてくるとそれぞれ練習するべき課題などが見えてくると思います。自分なりの練習方法を確立させ継続していくことで、素敵な演奏ができるようになりますよ!

トランペットは他の金管楽器と比べて、小さいという特徴があります。そのため他の楽器よりも高い音を出すことができ、曲の主旋律を任されることが多いのです。