自分で出来るの!?意外と簡単!自動車の車検!

自分でも車検に出すことが可能です

自動車の車検は専門知識が必要で非常に難しいイメージがあるでしょう。ですが、基本的なことを知っていると一般の人でも自動車を車検に通すことが可能です。本来は車屋などの業者へ依頼することが一般的ですが、これは、車検イコール整備という固定概念があるからでしょう。しかし、車検場には業者以外に一般の人が多くいます。業者ではなくて一般の人が自ら自動車を車検に出すことをユーザー車検と言います。ユーザー車検に通すことで業者へ支払う手数料や整備費用が必要ないため、車検を通すために必要な手数料のみで車検に通すことができるために、非常に経済的でしょう。

車検が切れる1ヵ月前から予約ができます

ユーザー車検に出すためには予めに運輸局へ車検の予約をする必要があります。車検をする運輸局はお住まいの地域を管轄している運輸局なので、旅行先では車検を受けることができません。予約をする場合には軽自動車と乗用車では予約方法が異なり、軽自動車はインターネットと電話の両方で予約が可能ですが、乗用車の場合には電話予約ができずにインターネットのみの予約になります。予約をすると直ぐに車検に通すことはできずに最短でも2週間後からの予約になります。車検に通す2週間前から予約をすると時間が合わない場合もありますが、車検は車検が切れる1ヵ月前から予約をすることが可能になっているため、時間に余裕を持って車検を通すことができるでしょう。予約をする前から必要な書類を揃えて保安部品が正常に機能しているかを確認しておくとスムーズに進みます。

車検を軽自動車で行う場合は、小型車や普通車に比べて手数料が安いです。高い場合は、取り扱いディーラーでの修理や検査料の支払いなどが大きく影響しています。