車好きは要注意!あなたのカスタム車は車検に通る!?

カスタム車は車検に通らない可能性があります

自動車が好きな人の中には様々なカスタムをしている人がいますが、カスタムをしている場合には注意が必要です。どんな自動車でも定期的に車検をすることが法律で義務付けられていますが、カスタムしている場合には車検に通らない可能性があります。車検は安全に走行できるかどうかを検査するので、自動車が安全に走行ができない場合や道路交通法に違反している場合には車検には通りません。そのために、カスタムしている人は車検に通る条件を確認する必要があります。

車検に通らない車両は違法改造です

自動車のライトをブルーやレッドにしている人もいますが、自動車のライトは白か黄色と指定されているために車検に通りません。ライトが白か黄色以外の色を使用すると違法改造となるために車検後に色を変えても公道を走ることができない車両となります。しかし、ライトの色を変更する人は少ないのですが、意外にも多いのが窓にフィルムを張っているケースです。何も知らずにオシャレや中を見られたくないと言う理由から窓にフィルムを張っている人がいますが、場合によっては違法改造となり、車検に通りません。窓にフィルムを張っても良いのですが、一定の条件があり、透明度が80パーセント以下のフィルムを張ってはいけないと道交法で定められています。但し、フロントガラスと運転席や助手席には透明度に関係なくフィルムを張ることはできません。多くの人が車検に通らない場合がフィルムが原因になるケースが多くなっています。

車検の費用を抑えたいなら、早期に予約をすることです。インターネットを利用して手続きができるところも多く、パソコンやスマートフォンから予約ができます。