あなたも行ってみませんか!?屋久島の観光ポイント

世界遺産の島ー屋久島

日本で最初にユネスコの自然遺産に登録された屋久島は、温暖多雨の気候で、亜熱帯から亜寒帯の植物が垂直分布しています。植生の垂直分布と顕著な島嶼生態系が評価されて、世界遺産に登録されています。屋久島へは、大阪や福岡からの直行便もありますし、鹿児島で乗り継ぐこともできます。時間のある方は、高速船やフェリーで行くこともできます。

屋久杉に触れてみよう!

屋久島を代表する観光スポットが、屋久杉ランドです。標高1,000m~1,300mに広がる自然林で、仏陀杉など樹齢1,000年を越える屋久杉の巨木や切り株などがあります。園内には小川が流れ、苔むした岩や様々な植物があります。森林浴でマイナスイオンをたっぷり浴びれば、都会の生活で疲れた心身をリフレッシュできるでしょう。最も有名な縄文杉は屋久杉ランド外で、荒川登山口から往復10時間程度かかりますので、本格的な登山装備が必要ですが、登山道は整備が進んでいますので、健康な成人程度の体力があれば見学可能です。ぜひ、挑戦してみましょう。

滝つぼでマイナスイオンを浴びよう!

「1ヶ月のうち、35日は雨」とも言われる屋久島には、多くの滝があります。その中でもオススメは「大川の滝」。大川の滝は、落差が88mもあって屋久島で最大の水量を誇っています。周回道路からも近く、滝つぼまで近づくことができます。豪快に流れ落ちる滝の水しぶきを受けると、マイナスイオンをたっぷり浴び、リフレッシュできることでしょう。「千尋の滝」や「トローキの滝」などもぜひ訪れてください。

屋久島ツアーは、気軽に大自然を満喫できるようなプランが組まれており、子供からお年寄りまで人気があります。